営業内容

ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、軽快車(ママチャリ)などの販売、修理、自転車の乗り方講習(2時間8,000円税抜き~)を行っております。

ロードバイクなどのスポーツバイクは、同じ部品でも組付け次第で商品価値が大きく変わるため、どの車種を買うのかではなく、どこの店で買うのかが重要です。

メーカー指定のトルク管理、組付けを行うことは基本ですが、いままでの選手、メカニック経験をもとに部品の持つ性能を最大限ひきだすよう営業しております。

尚、他店購入の自転車についての整備も可能ですが、他店購入で短期間(1年もしくは、200km未満)で発生する不具合については、組付けによる不具合の可能性が高く、修理が高額になるため、購入されたお店での整備を強くお勧めします。

また、昨今、本物と見分けがつかない偽造品が流通しており、正規代理店で販売された自転車以外の整備はお受けしておりません。

また、新品持ち込み部品での作業は、お受けしておりません。

【 営業時間 】

15:00 ~ 20:30(月、水、金、土)

木曜は事前予約のみ対応、営業時間外でも対応可能な場合がありますので、お問い合わせください

※新型コロナウイルス終息まで20:30までの営業へ変更

15:00 ~ 20:00 (日、祝)

【 定休日 】

火、木(臨時休業あり)

【 電話番号 】

028-612-8551

【 住所 】

〒329-1231

栃木県塩谷郡高根沢町宝石台3-1-7

テナント那須102

※ほっともっとさんの裏(同じ建物)

【 インスタグラム 】

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

【 フェイスブック 】

5 days ago

Gufo Cycle Works
2023-01-22 東北CXシリーズ#4ざおうさまカップ(JCX)に参戦してきました。結果:CM1 3位今回の目的はCM1残留のためのポイント稼ぎ今シーズンは2022年6月くらいからの腰痛悪化により重い路面で踏み込むことができないため、CM1残留が危機的状態JCXシリーズは特にポイントが高いので、とにかく完走することが目標あと、30秒前にスタートするチームメイトとの闘いも楽しみの一つ東北CXはキャンバーマシマシなイメージで、蔵王はキャンバーだけでなく、霜の解けたジャリジャリなグラウンドでのコーナーリングも難しいコース今年から前後タイヤ共にデュガスを投入、いままで難しいと感じていたキャンバーもジャリジャリなスリッピーなグラウンドもタイヤに助けられ想定していたよりも走ることができました直線では空気圧が低い割に走りが重くならず、キャンバーは1.3気圧でタイヤが砕けることもなく、滑りやすい斜面に食いつき、スリッピーな路面は空気圧を落とすことで接地面積を稼ぎつつ、タイヤが潰れながらも柔らかいタイヤに出やすい挙動の不安定さが少なくどんな局面でもすばらしく、反則レベルなタイヤ。。。タイヤ感触を楽しんでいたら、30秒前にスタートしたチームメイトに追いつき、そこからはスリッピーな路面での走り方、メリハリのつけ方、気合を実践アドバイスラップタイムを見ても、一緒に走ったラップは大幅にタイムが短縮していたようなので、良かったと思いますやっぱり腰痛がきつく、まともには走れないので、今シーズンのシクロクロスはこれで終わりの予定です多くの応援、ありがとうございました<m(__)m>森田様、写真、サポートありがとうございました ... See MoreSee Less
View on Facebook

1 week ago

Gufo Cycle Works
営業予定のご連絡申し訳ありませんが、さまざまな要因により、1/20,1/21は予約のみの対応とさせていただきます。また、1/22は遠征のため臨時休業とさせていただきます。 ... See MoreSee Less
View on Facebook

2 weeks ago

Gufo Cycle Works
シクロクロス全日本選手権にいってきましたメインの目的はチームのサポートですけど、いままで砂のレースを走ったことがないので、砂のレースってどんな機材が必要で、どうやったら乗れるのかを感じることも目的レースに至るまでに砂地で使用するタイヤ、空気圧、ポジション、砂で乗れるために何が必要なのかをいろいろ試しましたチューブラータイヤも3種類用意し、選手にはプレ大会で実際に使用してもらって、さらに煮詰めての繰り返し、シクロクロスは本当に奥が深くていろいろきつい。。。今年は腰のコンディションが最悪で、ほぼ踏めない状況だったため、私自身のレースリザルトは大したことはありませんでしたが、相対的に見ても、観客の反応を見ても砂地での乗車率はかなり高かったので、機材選びと乗り方の妥当性は高かったと思いますロードにしても、シクロクロスにしても、フィジカルだけでなく、安全性を確保したうえで勝負できる機材は大事だと改めて感じましたでも、良い機材を使っても、組み方、メンテナンス頻度、乗り手の技量、フィジカル、すべてがかみ合わないと結果には結びつかないなので、今後も安全で勝負できる機材、楽に楽しく乗れる機材提供だけでなく、テクニック、乗り方、トレーニング方法などのソフト面も、うちで購入してくれた方に提供していきたいと思います今後もレース活動でご迷惑おかけしますが、レース活動で培ったものを営業にいかしていきますので、よろしくお願いいたしますRuote Seiさん、写真ありがとうございました<m(__)m> ... See MoreSee Less
View on Facebook